カテゴリー「ごあいさつ」の記事

お知らせ 週刊ポストに掲載されました

このブログをご覧のみなさまにお知らせです。
いま発売中の週刊ポスト1月30日号44〜46ページに、少しですが、私の談話が掲載されています。
昨年12月、山下柚実さんという作家の方に源氏物語に関する取材を受け、このほど記事になりました。
よろしければご一読頂ければ幸いです。

※ただいま若葉マークの源氏物語ブログ別館「千年前から恋してる!」公開中。
アクセスはこちらから  http://wakabagenji.cocolog-nifty.com/sennenlove/

あなたの応援が更新の励みになります。クリックしてね!↓
◇人気ブログランキング◇へ

| | コメント (2)

模様替えしました!

みなさま、いつも私のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

いつもと様子が変わっているので、驚かれた方もいらっしゃるかもしれません。背景の模様替えをしました。

さわやかな新緑の風景を、あなたのディスプレイにお届けします。「若葉マークの源氏物語ブログ」というタイトルにもぴったりかと。

気分一新、これからも様々な話題をお届けします。今後ともよろしくお願いいたします。

あなたの応援が更新の励みになります。よかったらクリックしてね!↓
◇人気ブログランキング◇へ

| | コメント (0)

【期間限定】コメント欄オープンします

みなさま、いつも私のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
カウンターの数字が増えるのをいつも楽しみにしていますが、時にはみなさまと交流できればいいなと思い、期間限定でコメント欄をオープンすることにしました。

いまのところ、コメント欄のオープン期間は、私の一番好きな源氏物語のヒロイン、朧月夜の君にちなんで桜の開花時期、としておきます。どうぞ、ご意見やご感想などをぜひ、お聞かせください。楽しみにしています。

Photo
写真は賀茂川の桜

| | コメント (0)

新年の平安神宮

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。今年も「若葉マークの源氏物語ブログ」をよろしくお願い申し上げます。
今年は源氏物語千年紀。昨年にも増して、源氏物語や京都の話題をみなさまにお届けしたいと考えています。

で、年明け第一弾は平安の趣を伝える平安神宮から。
平安神宮は、明治28年(1895年)に平安遷都1100年を記念して創建された、とても新しい神社。祭神は平安京に都を置いた桓武天皇だ。京の街が幕末の動乱と事実上の東京遷都で荒れ果てていた当時、平安遷都1100年事業は見事に京の街を復興させた。平安神宮はその象徴のひとつといえるだろう。

平安神宮の社殿は丹塗りに碧瓦があざやかだ。これは平安京の政庁、朝堂院を8分の5のスケールで再現したもの。大極殿や応天門などは創建当時に造営された。その後、孝明天皇を祭神とした昭和15年にさらに本殿や祝詞殿、内拝殿などが増築されている。白砂にあざやかな社殿はかつての平安京もかくやと思わせてくれる。そのほか、周辺に巡らされた庭、神苑も四季折々に見事。

今回は神宮の境内をQUICKTIMEのパノラマでご紹介する。現地の雰囲気を少しだけ味わっていただければ幸いだ。

「heianjingu.MOV」をダウンロード

| | コメント (0)

ごあいさつ

このほど「若葉マークの源氏物語ブログ」を開設いたしました、鳴川和代と申します。
職業はフリーランスのライター。得意分野は源氏物語と京都、個人情報保護です。

このブログでは、2008年に千年紀を迎える源氏物語の話題や、その舞台となった京都などの話題を中心に、日常出会う様々なことを書きつづっていこうと考えています。
みなさま、どうぞ末永くおつきあいのほど、よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0)