カテゴリー「京都」の記事

京の桜に酔う

ことしは桜の開花以降、冷え込んだせいもあっていつもより長く桜を楽しめている。それでもソメイヨシノの見頃はそろそろ終わりだ。だが、京都ではまだまだこれから見頃を迎える桜も多い。

_dsc0gosho_3

京都御苑では八重の桜が見頃。誰でも入ることができるので、花の下でお弁当を広げる家族連れなども多く、気軽に花を楽しめる。

いまが見頃なのが平安神宮のしだれ桜。池に映る紅しだれはあでやかだ。11日までライトアップ&紅しだれコンサート開催中。

_dscheian1_2


_dscheian2

岡崎疎水のソメイヨシノはそろそろ落下盛ん。桜吹雪の中、十石舟に乗るのも風情がある。

_dscokazaki_5

賀茂川堤のソメイヨシノは本数も多く、遠目に見ると薄紅色の雲のように見える。遠くの山とのコントラストも美しい。上は大文字山を背景に、北大路橋から。下は北山大橋から。北山大橋の方が北にある分、花が少しだけ遅いように思える。まさにいまが見頃の美しさだ。

_dsckamogawa1_7

_dsckamogawa2

北大路橋から北山大橋の間の賀茂川左岸には「半木の道」と呼ばれる散策路がある。ここは紅しだれが美しい。少し離れて眺めると、花の滝のように見えるところもある。桜は花一つ一つも美しいが、遠目にmassとしてみるのも趣がある。


_dscnakaragi

京都市植物園にも桜は多い。ソメイヨシノやしだれ桜がまとまった桜の林がある。見渡す限り満開の桜。ちょっと息が詰まりそうなぐらいだ。夜はライトアップされ神秘的な雰囲気(4月11日まで)。こちらもいまが見ごろ。
_dscbotanical_2


_dscbotanical_3


_dscbotanical_4

写真はいずれも4月9日撮影。あいにく曇りだったので、ちょっと写真が暗いけどお許しあれ。
一日中京都の桜を堪能して、まさに花酔い気分で帰路についた。

| | コメント (0)

サクラサク

3月ももうあとわずかだというのに、ここ数日肌寒いが、それでも春は着実にそこまでやってきている。京都でもぽつぽつと桜のたよりが聞こえ始めている。

_dsc0338

写真は平野神社の魁桜。3月中旬頃から開花が始まる。これが京都の桜のシーズンの幕開け。平野神社は約50種、400本の桜が咲く桜の名所だ。ソメイヨシノや八重桜など5月の初め頃まで桜の見頃が続く。平野神社は平安遷都とともに奈良の都からこの地に移されたという、歴史のある神社だ。

_dsc0337_2

一足早く咲いた魁桜に、訪れた人々はもう夢中だ。老若男女取り混ぜて、ケータイやデジカメを向ける姿が見られた。昔も今も、咲き誇る桜は日本人の心をとらえて放さない。

※若葉マークの源氏物語ブログ別館「千年前から恋してる!」引っ越しました!
アクセスはこちらから  http://wakabagenji-anex.cocolog-nifty.com/1000nenlove/

アナタの応援が励みになります。よろしくね!↓
◇人気ブログランキング◇へ

| | コメント (0)

下鴨神社の御守りたち

えんむすび、学業成就、交通安全、厄除け…
人々はさまざまな願いを込めて御守りを授かる。自分のためだけでなく、夫や妻や恋人や、子どもたちのために、祈りを込めて御守りを求める。

それに応えているのか、それとも神社が商売上手になったのか、近ごろは御守りの形態も多様になってきた。オーソドックスな袋入りの御守りはもちろん、カード型やストラップタイプなどデザインにも工夫が凝らされている。果たして御利益や如何に、と思いたくなるがそれはちょっと胸に納めておこう。

_dsc0129

葵祭で有名な下鴨神社の御守りにはやっぱり葵の葉っぱがデザインされている。葵は源氏物語にも登場するが「あふひ=会う日」に通じることから、男女が会うことにかけて歌に詠まれたりする。下鴨神社の縁結びの御守りにも葵の葉があしらわれている。そのほか、葵の葉をかたどったハート型の心願成就の御守りや、御手洗川の神水を入れた球形の御守りなど御守りひとつ授かるにも迷いそうなぐらい種類が多い。


_dsc0012_2

_dsc0020

梅の花が咲く季節、ひときわ目を引くのがあざやかなプラムピンクの御守り。これは境内にある光琳の梅の色で、梅の季節限定だそう。

_dsc0126

↓こちらが光琳の梅。確かに同じ色だ。御守りにも限定品とは「商売上手ですね」と思わずつぶやいてしまった早春の午後だった。

_dsc0123


京都へ行きたくなったら、クリックしてね!↓
◇人気ブログランキング◇へ

| | コメント (14)

TAWAWA たわわ 京都 二条店

近ごろ、大学の学食というのはすっかり様変わりしているらしい。かつての安いけどマズイとか、ボリューム一辺倒といった状況からは遙か彼方に来ているようだ。

Tawawa

TAWAWA二条店は、立命館大学朱雀キャンパスの7階にあるレストラン。学食と言うよりは、大学の中にちゃんとしたレストランが入っている、といった方がよいだろう。でも、学生たちにはきっととてもうれしい店に違いない。

というのもランチは京野菜のサラダやおばんざい、それに天然酵母のパンが90分間食べ放題。メニューはメインディッシュとおばんざいバイキング、パン食べ放題に自家製デザート、ドリンク付きで1200円。学生の毎日の食事にはちょっと高めだけど、ちょっとしたランチにはもってこいだ。もちろん、一般の人も利用できる。

メインディッシュは京野菜カレーか日替わりパスタ、日替わりの料理の3種類。おばんざいは千切り大根やひじきのたいたんなどオーソドックスな家庭料理がそろう。サラダのメニューも多彩だ。外食では不足しがちな野菜もここではしっかり取れる。写真は京野菜カレー。こちらもトマトやかぼちゃなど京野菜がごろごろ入っている。最近野菜不足かな、と思ったら立ち寄りたい一店だ。

Tawawa_lunch_2

でも、実は密かに狙っているのが同店のデザートビュッフェ。毎週日曜と月曜の2日間のみで、90名限定というのもちょっとそそる要素だ。なお、予約優先だそう。

■TAWAWA たわわ 京都 二条店
京都市中京区西ノ京朱雀町1番地立命館大学朱雀キャンパス7F
■Lunch【火〜土】11:00〜14:00(LO)【日・月】11:00〜13:00(LO)
 Dinner【火〜土】17:00〜21:00(LO)【日・月】18:00〜21:00(LO)
 Dessert Buffet 毎週日曜日、月曜日/15:00〜16:30(90分)
■TEL/075-813-8310 FAX/075-813-8312
■http://www.kyo-tawawa.co.jp/restaurant/restaurant-nijyo/dessert.html

京都へ行きたくなったら、クリックしてね!↓
◇人気ブログランキング◇へ

| | コメント (0)

今宮神社と玉の輿

源氏物語の時代、結婚の形態は現代とは異なり招婿婚と呼ばれるものであった。婿は妻の実家に通い、妻の実家は婿の衣装など経済的な面倒を見る。その後、二人は独立して両親とは違う邸に住むこともあったが、こうした結婚において、妻の実家の財力というのはその後の夫婦関係にかなり影響を及ぼす。

もちろん、結婚の一番の基準になるのは双方の身分が釣り合うことだったが、それに加え、女は将来性豊かな婿を求め、男はいわば逆玉を狙った、というのが当時の結婚のありようだった。

さて、翻って現代。婚活などということばが登場し、婚活ビジネスもいろいろ登場しているが、同じ結婚するのなら、経済的に豊かな方がいい。玉の輿ねらいというのは今も昔も変わらない。ひとつ違うのは、現代は女性が玉の輿を狙うという点。

_dsc1347

京都・紫野にある今宮神社は1000年以上の歴史を持つ由緒ある神社だ。毎年4月に行われる「やすらい祭」は荒ぶる疫病の神・素戔嗚尊に安らいでもらおうと行われるもので、鬼たちが花傘を持って飛び跳ねるように踊る祭りだ。この神社は一時荒れていたが、その再興に努めたのが桂昌院。

桂昌院は徳川家光の側室で、五代将軍綱吉の生母だ。生家は京都堀川の八百屋で、身分も低かったが将軍に見初められ、将軍の生母となった。まさにこれこそ玉の輿。というか、彼女の本名が「玉」だったため、玉の輿という言葉が生まれたのだ。

それゆえ、今宮神社では玉の輿守りが授けられている。華やかな色合いの御守りには「玉の輿」と金文字が描かれ、お玉さんにちなんで野菜があしらわれている。この御守りを求めて、遠方からやってくる人もいるそうだ。玉の輿だけでなく、開運にも御利益があるそうなので、男性にもお勧めかもしれない。

_dsc0023

玉の輿守りを授かったら、おみくじにもチャレンジしたい。同神社のおみくじは、しおり型。開くと十二単の女性が描かれ、和歌が記されている。私が引いたものには光源氏が玉鬘に読みかけた「なでしこの とこなつかしき 色を見ば もとの垣根を 人やたづねむ」とあった。引いたあとはしおりとしても使うことができ、二度おいしい。

Dscn7405_2

お参りを終えたらぜひ立ち寄りたいのがあぶり餅の店。あぶり餅の店は参道をはさんで二軒建つ。まだ1軒しかいったことがないので、味の違いはわからないが、どちらの店先でも炭火であぶり餅を焼いている。このときはかざりやでいただいた。

香ばしい香りが漂い、思わず店先に腰を下ろしたくなる。たれは甘い味噌だれ。渋いお茶が恋しくなる素朴な味わいは炭火ならではの香ばしさ。持ち帰りもできるけど、やはり店先で焼きたてをいただくのが一番だ。

Dscn7391


店先でおばさんがあぶり餅を焼いていた。その手つきがおもしろくて「写真を撮らせてください」と頼むと、おばさんは少し照れた様子で、撮影に応じてくれた。

_dsc1355

■一和
■かざりや
■いずれも水曜休み。

京都へ行きたくなったら、クリックしてね!↓
◇人気ブログランキング◇へ

| | コメント (13)

ビーハイブカフェの大理石アイス

Beehive1
秋の気配が濃くなったとはいえ、昼間はまだ30度を超える毎日が続いている。町を歩けば汗もかく。冷たいものの一つも食べたくなる。だけど、真夏と違い、かき氷やアイスキャンデーには食指がのびない。こういうときはアイスクリームのまったりした冷たさが懐かしくなる。

最近、京都でお気に入りのアイスのお店がビーハイブカフェ。冷たく冷やした大理石の上で、アイスをミックスしてくれる、最近はやりのタイプのお店だ。基本のアイスは18種類。ナチュラルミルクやバニラ、チョコレート、マンゴ、豆乳、宇治抹茶といった京都らしい品も。

そこにフルーツやナッツ、キャンディー、クッキー、ソースなど好みのトッピングをミックスしてもらう。組み合わせはほとんど無限大。メニューを決めるだけで、恐しく時間がかかりそうな気がする。迷いに迷ったあげく、トンチンカンなコンビネーションのアイスを頼んでしまいそうだ。

そういう、私のような人のためにはあらかじめアイスに3種類のトッピングが決まったコンボメニューというものもある。これなら簡単。例えば、宇治抹茶にきなこと白玉団子、くるみが組み合わされたものは「利休」なんて、和風の名前が付いている。「キッズファクトリー」と呼ばれるアイスはホワイトチョコアイスをベースに、くまさんのグミやマシュマロ、バニラウエハースが入って、ファンキーでカラフルだ。

で、私が頼んだのはホワイトチョコアイスにラズベリーとくるみ、キャラメルクッキーソースをミックスしたレッドフォレスト。こう書くとすんなり決まったみたいだが、コンボメニューだって25種類もある。激しい目移りの末に選んだのがこれだったというわけだ。

注文すると大理石の板の上でアイスを混ぜたり、練ったり、こねたりして、コーンやカップに入れて供される。メニューの写真と比べたら、ずいぶん地味に見える。まあ、混ぜたりこねたりしてるんだから、仕方ないかもしれない。酸っぱいラズベリーとくるみの食感がアクセントになって楽しい口当たり。でも、もうちょっと冒険してもよかったかも。今度はどれを食べようか、そんな気持にさせてくれるお店だ。


■Beehive cafe
■京都市中京区御幸町四条上ル大日町423
■075-212-7338
http://www.beehive-cafe.com/contents/index.html

京都へ行きたくなったら、クリックしてね!↓
◇人気ブログランキング◇へ


Beehive2

| | コメント (0)

貴船 鳥居茶屋のあゆ茶漬け

7月の京都は31日間ずっと真夏日だったそうだ。イヤもう、本当に暑さ真っ盛り。京都市内にいる限り、この暑さからのがれるすべはなさそうだ。ただ、少し救いがあるのは緑の多い山沿いに行けば多少涼しくなること。

貴船はその好例だ。道は青紅葉に覆われ、せせらぎの音が耳に心地よい。杉林を渡る風が頬にさわやかだ。

Kibune1

貴船の夏の風物詩といえば、川床料理。川の上に渡した川床の上で鮎をはじめ旬の食材を使った会席料理をいただく。川を吹き抜ける風は、ひときわ涼しく感じる。裸足になって足を浸すのも心地よい。

だけど、川床料理はやっぱりそれなりのお値段だ。気軽にひとりランチ、というわけにはいかない。流しそうめんなら1200円から食べられるけど、お腹いっぱいにはならない。これから鞍馬まで歩こうという身にはちょっと物足りなく思えた。

そこで目に止まったのが鳥居茶屋。誰かがここのあゆ茶漬けをすすめてくれたっけ。あゆ茶漬けは1200円から。川床では食べられないけど、このお値段ならOKか。

Kibune2

今回はちょっぴり奮発して鮎が3匹載った上(1900円)を頼む。あゆ茶漬けに鯉の洗い、炊いた茸が付いてくる。鮎は実山椒と一緒に前日から煮込んだものだ。ご飯の上に鮎と海苔、わさびが載っている。熱いお茶をかけてさっそくいただく。まずは鮎を頭からひとかじり。驚くほどの柔らかさ。骨の存在をまったく感じない。こっくりとした味わいだが、わずかに生臭みを感じた。でも、すでに貴船散策で空腹の身にはそんなことも気にならない。ひたすらもくもくと平らげた、貴船の昼下がりだった。

※ただいま若葉マークの源氏物語ブログ別館「千年前から恋してる!」毎日更新中。ただいま「葵」の巻です。
アクセスはこちらから  http://wakabagenji.cocolog-nifty.com/sennenlove/

真夏の京都って、暑いけど意外といいですよ。興味を持ったら、クリックしてね。
◇人気ブログランキング◇へ

| | コメント (0)

宇治の姫君

Uji3

源氏物語に登場する宇治は平等院や宇治神社界わいと考えられている。流れの速い宇治川をはさみ、周囲にはなだらかな山が迫る、緑豊かなところだ。

都市化が進んだ現代ですらこの姿である。平安時代はいまよりも寂しく、まさに山里という雰囲気だったに違いない。八宮がこの地に移り住んだときは「隠遁」ということばにふさわしい、人里離れたところだったはずだ。そんな土地に住んでいた中君や大君、あるいは浮舟の心細さはどれほどだっただろう。それを考えると、薫を信頼しながらも匂宮に惹かれていった浮舟の気持ちもわかるような気がするのだ(写真は朝霧橋たもとの宇治十帖モニュメント 匂宮と浮舟)。

Uji1

紫式部は宇治の空気を見事に物語に反映させている。彼女は宇治を訪れたことがあったのだろうか。実際に訪れたことはなくても、宇治に別荘を持っていた道長さんから寝物語にでもその様子を聞かされたことがあったのかもしれない。

Uji2

写真は宇治橋たもとの紫式部像。

あなたの応援が更新の励みになります。よかったらクリックしてね!↓
◇人気ブログランキング◇へ

| | コメント (0)

宇治 平等院

平安時代、宇治は嵯峨野とともに貴族に人気の高い別荘地だった。いずれも都からほどほどに離れ、風光明媚だ。嵯峨野は都から3時間ほど、宇治はさらに時間がかかったと考えられる。いまでいえば、大阪の人が湖北のあたりにセカンドハウスを持つような感覚だろうか。

Byoudouin1

宇治のシンボル的存在でもある世界遺産の平等院も貴族の別荘のひとつだった。源融の持ち物だったという説と、陽成、宇多、朱雀天皇から宇多天皇の皇子・源雅信に受け継がれたという説がある。いずれにせよ、その後この別荘は藤原道長さんの手に渡り、息子の頼通さんの代になって、寺院とされた。

Ujijinja

源氏物語中、これをモデルとしていると思われるのが光源氏から夕霧に伝えられた宇治の別荘である。「椎本」の巻で、匂宮が初瀬詣の際に宿泊したところだ。宇治川をはさんだ対岸には宇治八の宮の山荘があった。こちらは宇治神社(=写真)あたりかと考えられる。

平等院は屋根上に鳳凰をいただき、鳥が羽を広げたような構造が美しい。阿字池にその姿が逆さに映る。創建当初は極彩色で青い空に朱塗りの建物が映え、華やかだったに違いない。

平等院創建当初の姿はCG映像で再現したものを平等院ミュージム鳳翔館で上映している。中堂は極彩色に彩られ、金色の阿弥陀如来像とともに極楽浄土の世界が表現されていた。

ミュージムでは鳳凰の実物(いま屋根にいるのはレプリカ)や、国宝の梵鐘、雲中供養菩薩26体なども間近に見ることができる。さまざまなポーズをとる雲中供養菩薩は躍動感にあふれ見ていて飽きない。私の好きな仏像群だ。

Shiigamotojpg

写真は椎本の古跡のある彼方神社。宇治には好事家が建立した宇治十帖の古跡が点在する。

源氏物語の舞台、宇治へ出かけてみませんか?よかったらクリックしてね!↓
◇人気ブログランキング◇へ

| | コメント (0)

鍵善良房のくずきり

京都の夏は暑い。大阪も暑いけど、暑さの質が違うような気がする。大阪の夏はひたすらだらけていくような暑さだが、京都の暑さは「しっかりせんとあきまへんえ」と叱咤されているような気がする。もちろん、それでも暑いときは暑いけど。

で、暑い京都の夏を涼やかに過ごすいくつかの知恵がある。鴨川の床、貴船の川床、そして冷たいもの。冷たい甘味の定番が鍵善良房のくずきりだ。本店は祇園北側にある。いつもたくさんのお客さんが訪れて賑わっている。ある時お店を訪れたら、折悪しくその日は月曜日。定休日だった。

だけど、暑さに煎られたからだはひたすらくずきりの冷たさを求めている。くずきり以外のものは頭に浮かばない。そこで、もう一つの店、高台寺店を目指して歩くことにした。祇園からは10〜15分ほど歩かなければいけないけれど、頭の中はただくずきりが渦巻いていたのだ。

Kagizen1

ようやく高台寺店にたどり着いたときの喜び。さっそく目指すくずきりを注文する。たれには黒蜜と白蜜があるが、ここはやっぱり定番の黒蜜だ。

Kagizen2

くずきりの容器は信玄弁当の器を摸したもの。ふたを開けると蜜とくずきりが別々の器になる。水に泳ぐ半透明のくずきりの涼しげなこと。黒蜜をまとってツルリとのどの奥に滑り落ちていく。黒蜜は濃厚なコクがあるのに、さっぱりとした後味。ああ、生き返る。残りの黒蜜まで飲み干してしまいたくなるような味わい。幸せ、幸せ。

高台寺店は祇園に比べて静かなたたずまい。ちょっと足を伸ばしても、落ち着きたいときはこちらがおすすめだ。


■本店 京都市東山区祇園町北側264番地
■午前9時〜午後6時 (土・日・祝は7時まで)毎週月曜日 (祝祭日の場合は翌日)定休
■(075)561-1818 FAX (075)525-1818

■高台寺店 京都市東山区下河原通高台寺表門前上る
■午前9時〜午後6時 (土・日・祝は7時まで) 毎週水曜日 (祝祭日の場合は翌日)定休
■(075)525-0011 FAX (075)551-0868
■http://www.kagizen.co.jp/index.htm

夏の京都もステキです。よかったらクリックしてね↓
◇人気ブログランキング◇へ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧