カテゴリー「文化・芸術」の記事

祇園囃子が響く街

7月は京都にとって特別な1カ月だ。この1カ月、中京の街で祇園祭にまつわるさまざまな行事が行われる。

祇園祭といえば、7月17日の山鉾巡行がよく知られている。ほかに宵山、宵々山もそこそこ知られているかもしれない。だけど、祇園祭が1カ月も続くお祭りだということはどれぐらいの人が知っているのだろう。私自身、京都に関心を持つまでそんなことはまったく知らなかった。

祇園祭は7月1日の吉符入りに始まる。同じ日、長刀鉾に乗るお稚児さんが八坂神社にお参りする「長刀鉾町お千度」という行事も行われる。2日は京都市役所で「くじ取り式」が行われ、7月17日の山鉾巡行の順番が決まる。

Gionbayashi1

祇園祭の口火が切られたころ、各山鉾町では祇園囃子の稽古が始まる。稽古は各町会所の2階で行われるため「二階囃子」ともいわれる。この時期、夜に山鉾町を歩いていると、あちこちから祇園囃子が聞こえてくる。立ち止まって、思わず耳をかたむけたくなる、情緒あふれる京の宵だ。

Gionbayashi2

写真は昨年見学した放下鉾の二階囃子。小学生から年配者まで一堂に会してお囃子を練習する。子どもたちは町会所にやってくると、まず大人に「こんばんは」と手をついてあいさつする。忘れかけていた行儀作法が、ここではまだ受け継がれている。

Gionbayashi3

祇園囃子のお稽古が始まる。素人には同じように聞こえる祇園囃子だが、地ばやし、戻り上げ、乱れ獅子、三、五、神楽、旭など、さまざまな曲がある。楽器は太鼓と鉦と笛。鉦は若い人の担当だ。二十歳ぐらいの若者が小学生の横について、稽古を見てやっている。上の世代から、下の世代へ、こうやって伝統が伝えられていく。

Gionbayashi4

同じころ、女性たちは宵山で配るちまきの準備に忙しい。「蘇民将来之子孫也」と書かれたちまきは魔よけの印。軒につるしておくものだ。上賀茂の農家で土台が準備され、各山鉾町や八坂神社でお札が付けられる。

祇園祭が始まると梅雨の終わりも近い。夏はいよいよ本番だ。京都には煎られるような暑さがやってくる。

あなたの応援が更新の励みです。よかったらクリックしてね↓
◇人気ブログランキング◇へ

| | コメント (0)

京都御所 シリーズ4 双六をする女房たち

Sugoroku

久々の京都御所シリーズ。一般公開では人形で女房たちの暮らしぶりも展示されていた。
写真はその中のひとつ、双六の場面である。

双六は盤の上に白黒の駒を並べ、賽を振って相手の陣に自分の駒を早く入れたものが勝ちという、中国から伝わったゲームだ。ゲーム盤の上を駒を動かして、一回休んだり、5つ進んだりする現在の双六とはかなり勝手が違う。バックギャモンの原形ともいわれる。

源氏物語では光源氏の須磨の邸や椎本の夕霧の山荘に双六盤が登場する。
しかし、一番イキイキと描かれているのが、「常夏」の近江の君と五節の君の双六の場面だろう。

近江の君は内大臣(元頭中将)の娘。早口で、どうにもお育ちがあれなお嬢さんだ。内大臣自身も引き取っては見たものの、その処遇には頭を痛めている。かといって、自分の娘でないとはいえない。どこをどう取っても自分にそっくりなのだ。よくよく見れば見苦しいというほどでもない。そこで、娘の弘徽殿女御に出仕させようと考えた。

ある日、弘徽殿女御を訪れたついでに、近江の君のところにも顔を出した。彼女は従姉妹で女房の五節の君と双六を楽しんでいる最中だった。目に飛び込んできたのは「小賽、小賽」と早口で呪文を唱えながら賽を振る新しい娘の姿。五節の君も「 御返しや、御返しや」を賽を入れる筒をひねくり回して、なかなか降り出そうとはしない。その様子が何とも軽薄そうだ。

「げっ」

内大臣の心の叫びが聞こえるようだ。さぞや頭が痛かったろう。

紫式部は、双六の打ち方ひとつで、近江の君の育ちや性格まで表現している。この人の観察眼には毎度恐れ入るばかりだ。私自身がこの人と同時代に生きていたら、どんな風に書かれたのか、恐ろしくなる。近江の君は双六が好きらしく、その後も若菜下で、双六を打っている。その際には、明石の尼君の幸いにあやかろうと「明石の尼君、明石の尼君」と唱えながら、賽を振りだしている。お育ちはあれだが、まあ、憎めないキャラではある。

よかったらクリックしてね↓
◇人気ブログランキング◇へ

| | コメント (0)

三井家奉納 雛道具@八坂神社

過日、八坂神社常磐殿で三井家奉納次郎左衛門雛のお道具の虫干しを拝見する機会に恵まれた。

三井家というのは、財閥の三井家のこと。雛道具を奉納したのはそのうち、新町六角にあった新町三井家で、京三井両替商創業の地でもある。その邸宅は3200坪もあったとか。もちろん、雛道具もその住まいにふさわしい、豪奢なものだ。

100数十点にもおよぶ雛道具は、花嫁道具を摸して作られた精巧なミニチュア。大正から昭和にかけての作だが、実に細工が細かい。いずれも桐をあしらった金蒔絵で取っ手の金具まで繊細な細工が施されている。

小さな箪笥の引き出しには帯留めや帯揚げなどの装身具、裁縫道具の入った箪笥には糸巻きに巻かれた色糸が整然と並ぶ。小さな和綴じの本を入れた文庫、ふとんと枕がそろった長持ち、火鉢に添えられた火箸は、細く小さいにもかかわらず模様が彫り込まれている。

そのほか茶道具や香道具、櫛などがそろった化粧道具、碁盤や将棋盤、琴や琵琶、笙といった楽器類など、そこまで、と思えるほど様々な道具がそろう。源氏物語の世界もかくやと思わせる豪華さだ。お道具だけでひとつの世界を構成している。どこからかミニサイズの光源氏や紫の上が現れて生活をはじめてもおかしくないほど、完璧な道具類に釘付けになってしまった。

そしておひな様がまたすばらしい。男雛が向かって右に飾られる、関西流の御殿飾りだが、おひな様の大きさが半端ではない。30センチ近い高さがあっただろうか。しかも座っている畳の縁はあざやかな錦。御殿も塗で背後や天井には美しい絵が描かれている。写真撮影禁止のため、言葉で伝えるしかないのがもどかしいが、おそらく今まで見た中で一番豪華なおひな様だと思う。

展示会場となった常磐殿も風格ある建物だ。これは昭和31年に新町六角の三井邸にあった常磐御殿を移築したもの。寛政元年(1789年)門跡寺院光照院の寝殿として創建されたものが、その後尚徳小学校の講堂となった。本格的な書院造りで、襖絵は土佐光武や望月玉渓。欄間の彫り物もすばらしい。写真はそのお庭。その風格の片鱗だけでも感じていただければ幸いだ。

Tokiwaden

| | コメント (0)

京都人形三昧 番外編 愛でたきもの 雛とミニチュアのお道具展 −ミニチュアで織りなす『源氏物語』の世界−

豪華な雛飾りの魅力は、お内裏様だけではなく、そのお道具にもあると私は思う。お膳やお重、鏡台、違い棚など、一つひとつ塗も模様もきちんと施されたおひな様のお道具は、おもちゃなどではなく、立派な工芸品だ。その小さなお道具だけで、ひとつの世界を完成していることに驚く。

京都・百万遍にある思文閣美術館では4月6日まで「愛でたきもの 雛とミニチュアのお道具展 ミニチュアで織りなす『源氏物語』の世界」を開催中だ。

おひな様のお道具がお膳や家具調度に始まり、楽器、装身具など多岐にわたってそろっている。小さな琴や琵琶はいまにも音楽を奏でそうだ。貝合わせは通常蛤で作られるが、おひな様用は小さなシジミを使う。一つひとつに金泥で彩色が施されている。貝桶も金蒔絵がきれいだ。

中でも目を見張るのが台所道具と食器類。関西の雛飾りのお道具だが、お茶碗やお椀、湯飲み、急須など、そのまま所帯が持てそうなぐらいの品揃え。水屋にもきちんと道具が収まり、機能的に見える。ここで腕まくりをして立ち働くおひな様の姿を想像して、ちょっとおかしくなった。ほかにも源氏物語の豆本や源氏物語蒔絵小箱、源氏物語図絵印籠など源氏物語千年紀にちなんだ展示も。

そこで「夢浮橋」の絵を見ていた女性、「薫さんってモテないわよねぇ」とひと言。やっぱりみんなそう思ってるんだ。


Shibunkaku

■思文閣美術館

| | コメント (0)

鴻臚館

Kourokan

鴻臚館

「 国の親となりて、帝王の上なき位に昇るべき相おはします人の、そなたにて見れば、 乱れ憂ふることやあらむ。 朝廷の重鎮となりて、天の下を輔くる方にて見れば、またその相違ふべし」

少年光源氏は、平安京の南にあった鴻臚館に高麗人の人相見を訪ね、こう告げられた。鴻臚館はいまでいう迎賓館。外国からの使節を接待する場所である。当時の七条坊門の南、七条通の北側に、朱雀大路をはさんで東西ふたつの鴻臚館があった。現在の場所でいえば、七条千本通あたりだ。

輪違屋や角屋のある島原の一角には「東鴻臚館址」の石碑がある。この碑の記述によればここでは渤海国の施設を接待しており、延喜20年(920年)ごろには廃されたとある。従って、源氏物語の舞台は920年以前。桐壺帝のモデルといわれる醍醐帝の時代にあたる。よくいわれることだが、源氏物語は当時の近代を描いた歴史小説でもあったのだ。

| | コメント (0)

源氏物語千年紀 プレイベント 華麗なる源氏物語の世界〜序章〜

11月1日、京都市の京都会館第2ホールで「源氏物語千年紀プレイベント 華麗なる源氏物語の世界〜序章〜」が開催された。

プログラムは、能楽金剛流二十六世宗家の金剛永謹(ひさのり)さんによる舞囃子「源氏供養」に始まり、様々なプログラムが披露された。メインプログラムは源氏物語千年紀委員会呼びかけ人でもあるドナルド・キーン氏の講演「源氏物語と私」。講演会の詳細は関西インターネットプレスに掲載しているので、そちらをご覧ください。

今回のイベントは来年11月1日の源氏物語千年紀に向けた1年のスタートとなる大きなイベントで、参加者も千人を数える大盛況。ドナルド・キーン氏のお話など、源氏物語に関心の高い層にとっては、非常に興味深い内容だったと思う。しかし、せっかく千年に一度の年なのだ。源氏物語ファンだけではなく、源氏物語を知らない人、源氏物語に関心の薄い層にも源氏物語千年紀を周知し、源氏物語に興味を持ってもらうための催しが必要ではないだろうか。

ドナルド・キーン氏も講演の中で話していたが、現在の学校教育では源氏物語を文学として鑑賞するのではなく、古文の文法の読解のために教えている。そのため、学生たちは係り結びなど読解にばかり力を入れ、文学として源氏物語を読むことを知らない。大学に合格してしまえば、それっきり源氏物語を手に取らない人がほとんどだ。これでは源氏物語嫌いばかりを増やしているようなものだ。

せっかくの源氏物語千年紀。学校教育の中で源氏物語を現代語訳で読ませたり、原作に忠実な映像を作るなど、源氏物語の裾野を広げる取り組みを期待したい。

Photo_2

| | コメント (0)

源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学18 明石入道は失敗したのか?(2)

(前回からの続き)

■結婚したのはいいけれど

さて、光源氏を明石に迎えた入道、こうなったら作戦開始です。まずは男同士でうち解けて話し合い、その次は娘の琵琶が上手なことを自慢します。そういわれれば「一度聞かせてよ」というのが、礼儀でしょう。そうでなければ光源氏ではありません。でも、光源氏と明石入道の娘(=明石の君と呼びます)は、ずいぶん身分違い。光源氏も最初は自分の家に娘をよこすよう、話を持って行こうとしています。

でも、これでは召人扱いです。召人というのは、お手つきの使用人のこと。決して対等な扱いではありません。入道は、何とか、妻の一人として扱ってもらおうとあの手この手を使い、ようやく光源氏を自宅に迎えることに成功、明石の君は光源氏と結ばれることになりました。

これだけなら、明石入道の作戦は大成功ですが、光源氏は都に愛する紫の上を残したままです。都を出てくるときには「心はあなたのそばにあるよ」と誓い合ったのに、一人にしておけばこの始末。さすがに本人も気がとがめたのか、明石の君のところに通う足も間遠になりがちです。明石の君は、こんなかりそめの関係なら、出会わない方がよかったと悔やみます。

それでも、男女の仲は少しずつ慣れ親しむもの。時間とともに、光源氏の訪問も少しずつ増えてきました。その上、明石の君のお腹には光源氏の子が宿ったようです。これで自分の立場も安泰、と思ったかどうかはわかりませんが、少し気持ちも落ち着いた矢先、光源氏に帝の勅許が出て、都に戻ることになったのです。当然明石の君は置き去りです。女からすれば「私はもてあそばれただけ?」という気がするでしょう。

頑固で変わり者の父が、もし光源氏などと結婚させようと思わなければ、明石の君はこんな物思いなどしなくてすんだはずです。光源氏を送り出した明石の君の嘆きはどれほどだったでしょうか。いや、彼女だけではなく、周囲の嘆きも相当でした。入道の妻は「どうしてこんなに苦労の多い結婚をさせたのかしら。あなたに従った私が馬鹿でした」とため息をつき、乳母と一緒に入道を非難します。入道は部屋の隅でいじけてしまいました。さらに数珠の置き場所がわからなくなったり、庭の遣り水に落ちて岩角で腰をしたたか打ったり、もう、さんざんです。きっと彼も心の中では「この結婚、失敗だったかも」と後悔していたのかも知れません。

さて、ここまでのお話だけなら、明石入道はぜいたくな高望みをして、娘を結婚させたのはいいけど、結局明石に置き去りにされて大失敗したということになりますが、お話はそう一筋縄ではいきません。きょうのところは「明石入道は失敗したのか?」という疑問だけを投げかけて、物語はこの先に続きます。(この項終わり)
※本稿は関西インターネットプレス(KIP)より転載いたしました。

| | コメント (0)

源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学18 明石入道は失敗したのか?(1)

前回、朧月夜との密会が露顕して、大変なことになりそうな光源氏でしたが、あれからどうしているのでしょうか?

■明石に住む変わり者

と、光源氏のことを書こうと思いましたが、ちょっとここで初登場の人物をご紹介しましょう。表題にもある「明石入道」。入道とあるから、お坊さんです。この人は大臣家の出身で、かつては近衛中将にまでなりましたが、その位を捨て、播磨の国の国司になった人。国司というのは受領で、いまの知事みたいなものですね。中央の貴族に比べるとずいぶん階級、身分が劣ります。ですから、大臣家の子息が受領になるなど、当時は考えられないこと。それをあえてしてしまったこの人は、かなり変わり者だということがわかります。いまは出家して明石に住み着いています。

この人には一人娘がおり、それはそれは大切に、まるで都の貴族のように育てていました。まあ、自身が大臣家の出身ですから、貴族のあるべき姿はよくわかっていたのでしょう。娘は美しく育ち、地元の国司などから結婚の申し込みを受けたりしていますが、入道は一切承知しません。娘は高貴な人と結婚させようと理想を持っている様子。娘には「もし自分が死んで、希望しない結婚でもすることになったら海に入って死んでしまえ」といっているぐらいです。やっぱり、変人ですね。

それから、この人の血筋にもちょっと触れておきましょう。大臣家の出身といいましたが、この人の叔父は按察大納言(=光源氏の母・桐壺更衣の父)。ということは、桐壺更衣とはいとこ同士に当たります。光源氏とはまったく縁がないわけでもありません。

一方、光源氏。密会が露顕してから、帝への謀反の疑いをかけられ、官位は剥奪されて、さらに流罪にされそうな雰囲気になって、思い切って須磨に退くことになりました。明石入道が暮らす明石とは目と鼻の先です。明石入道は娘を光源氏に縁づけようと考え、須磨へ迎えをよこします。ちょうど暴風雨で落雷に遭い、家が焼けたりして弱っていた光源氏たちは、この誘いに乗り、明石に移り住みました。(次回へ続く)

| | コメント (0)

朱雀院の復讐

「mainichi_genji.webarchive」をダウンロード

この記事を読んで目からコンタクトレンズ、じゃなかったウロコがバッサバッサと落ちた。今までそんなこと考えたことがなかった。

女三の宮の降嫁が光源氏にことごとく思い人を奪われてきた朱雀院の復讐だったなんて。

そうなのだ。朱雀院は、いつもいつも、光源氏のせいで割を食ってきたのだ。

父、桐壺帝の愛情は、いつも朱雀院よりも光源氏にあった。母の身分のおかげでかろうじて春宮には立ったけれども、桐壺帝の心は光源氏に傾いていたのは明らかだ。

本当ならば、朱雀院のお妃になるはずだった葵の上は父左大臣と桐壺帝の合意の元、光源氏の妻になった。

もうじき、入内するはずだった朧月夜は、花の宴の夜、光源氏に犯されて傷ものになったため、正式なお妃ではなく、女官として宮中に入った。しかも、朱雀院の寵愛を受けながら、その間も光源氏と密会していたのだ。ある時は、朱雀院が物忌みで慎んでいる宮中で、ある時は朧月夜の里邸である右大臣の邸で。それを知った朱雀院の心中はどのようなものだったろう。

さらに光源氏は朱雀院の思い人を奪っていく。
14歳の時、伊勢の斎宮に立った六条御息所の娘。帝は斎宮が出立するとき「別れの小櫛」というものをさすことになっている。朱雀院はそのときの斎宮の美しさを、ずっと忘れなかった。自分が退位し、斎宮が京へ戻ってきたとき、朱雀院はきっと心ときめかせたに違いないのだ。なのに光源氏は、その心を知りながら斎宮を自分と藤壺中宮の息子、冷泉帝に入内させてしまう。

光源氏と朱雀院の間にはそんな軋轢があった。いつもいつも煮え湯を飲まされるのは朱雀院だったのだ。その彼が、光源氏に復讐しようと考えても、別段おかしくはない。だからこそ、愛娘を不自然に年の離れた光源氏に降嫁させたのだ。紫の上のいる光源氏に降嫁させるのであれば、雲居雁のいる夕霧に与えるのも代わりはないはずだ。柏木だって、いまはまだ官位が低いかも知れないが、その家柄からすれば、位人臣を極めることも難しくないだろう。なのに、官位が低いと婿候補から除外した。あれこれ理由を付けて、一番不自然な相手に降嫁させたのは朱雀帝なのだ。

女三の宮は一見光源氏から愛されない、不幸な妻のように描かれているが、その実、彼女を迎え入れた光源氏側の方が不幸度は高い。最愛の紫の上は夜な夜な煩悶し、やがて女楽の直後、病気になってしまう。光源氏は柏木と女三の宮の密通を知り、苦悩する。女三の宮という水滴は、光源氏の六条院に大きな波紋を投げかけ、不幸を誘った。それが柏木とその両親にまで及んだのは計算外だったかも知れないが、これが朱雀院の復讐だとすれば、見事に成功したといえるだろう。

| | コメント (0)

源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学17 大変!情事がばれちゃった(2)

(前回からの続き)

■密事はやがて露顕する

ドラマや小説では、こうした密事はたいてい露顕するものです。源氏物語だって例外ではありません。朧月夜が「瘧病(わらわやみ)」という病気になり、右大臣の邸に退出していたときのことです。体調も回復したころ「滅多にないチャンス」と、光源氏と自分の部屋で毎夜デートを重ねていました。一つ屋根の下には右大臣も、弘徽殿大后もいるようなところなのに、あきれるほど大胆です。光源氏はこんなシチュエーションがきっと燃えるんだと思います。周りの女房たちはやっかいなことを避けたいがために、告げ口したりはしません。

ある日、明け方ごろに激しい雷雨に見舞われました。みんなおびえて家中騒ぐので、光源氏は帰るに帰れません。夜がすっかり明け、雨が小降りになったころ、右大臣がお見舞いにやってきました。雨の音で足跡などが聞こえなかったのか、その訪れは唐突です。大変早口で「大丈夫ですか?心配していたんですよ」などというので、光源氏はつい笑ってしまいます。

朧月夜はあわててベッドルームから出てきたのですが、彼女の着物の裾に男物の帯がまつわりついているではありませんか!あたりにはなにやらラブレターめいた紙なども散らばっています。右大臣は大あわて。「それは誰のだ」と息巻いています。「これほどの立場の人なら、我が子ながら恥ずかしいだろうと考え、それなりに遠慮するものだ」と紫式部は書いていますが、右大臣はそんなことはお構いなし。自ら几帳の奥をのぞき込むと、そこにはしどけなく寝乱れた男の姿。

これを見てあわてた右大臣、めまいがするような気分で、弘徽殿大后に告げ口に行きました。朧月夜は茫然自失、光源氏も困惑しています。そして話を聞かされた弘徽殿大后の怒りのすさまじさ。それは当然でしょう。自分の息子が軽んじられたことにもなるのですから。その激しさは、右大臣に「何で話してしまったんだろう」と後悔させるほどでした。弘徽殿大后は怒りながらも、これを機会に光源氏を排斥しようと、なにやらたくらみ始めた様子です。

もう、これは光源氏の失敗中の失敗のひとつでしょう。密会は秘密にできてこそ密会です。やり方がありますよね。密会のルールを守れなかった光源氏はいよいよ政治生命まで危うくなってきました。(この項終わり)

※本稿は関西インターネットプレス(KIP)より転載いたしました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧