« ちょっとお休みしておりました | トップページ | 「源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学27」 親の考えに振り回される子どもたち(2) »

「源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学27」 親の考えに振り回される子どもたち(1)

Kinonemichi

写真は鞍馬の木の根道。夕霧君の前途はこんな感じで多難そうです。

■意外に教育パパな光源氏

さて、葵の上が出産した光源氏の息子を覚えておいででしょうか。あれから、秘密の息子の冷泉帝はしばしば登場しましたが、こちらはちょっと影うすめ。前の左大臣邸で大切に育てられてはいるようですが、あまり話題になることもありませんでした。

その息子が、ここへ来てようやくデビューです。彼の名前を「夕霧」と呼びます。ことし12歳。元服をして大人の仲間入りをする年ごろです。で、光源氏は恋多き男から、いきなり教育パパへと変身を遂げます。意外な一面に、読者もビックリ。

元服をしたら位をもらいます。光源氏ほどの位の人の息子なら、普通は四位に叙せられます。でも、光源氏は「まだ若い子に、思い通りになるからってそんな高い位に付けちゃうのはありきたりだよなぁ」と考えて、六位に付けてしまいました。

六位というのは四位とはまったく違う身分です。当時、昇殿を許されるのは五位以上の貴族と呼ばれる人たちだけ。六位以下は「地下(ぢげ)」と呼び、昇殿も許されませんでした。つまり、光源氏は自分の息子の社会人生活をことさらに低い身分からスタートさせたのです。当時は位階によって着られる装束の色も決まっていました。つまり、色を見れば一目でその人の位がわかるのです。六位は浅葱。夕霧は元服を終えて、浅葱色の装束でしょんぼりしています。もしかしたら、お友だちは五位や四位かもしれないのに、自分一人だけが浅葱色です。祖母の大宮もこれには不憫でたまりません。この件で光源氏と話をします。

光源氏はどうやら息子を大学に行かせるつもりのようです。当時の大学というのは官吏を養成するところです。でも、どちらかというと中流以下の家の子弟が行くところと考えられていました。で、光源氏の長男が大学に行くなんて、異例中の異例です。

光源氏は「私は宮中で育って世間知らずでした。学問は帝から直接教えていただきましたが、およばないところだらけです。こんなつまらない親に子が勝るというのは難しいと思い、この話を決めました。それに、身分が高いからなんでも思いのままになると思っていたら、権勢が衰えたときに人から軽蔑されるかもしれません。やっぱり基礎は学問が必要ですよ」などと訳を話します。

光源氏がここまで考えたのは、やはり須磨の経験が身にしみているのかもしれません。世の趨勢は右大臣一派に移り、自分は須磨へ退いた日々。多くの人が背き、それまでおもねっていた人たちでさえ、手のひらを返したように冷たくなった経験が光源氏の心にしみているのでしょう。

※本稿は関西インターネットプレス(KIP)より転載いたしました。

※ただいま若葉マークの源氏物語ブログ別館「千年前から恋してる!」公開中。物語は玉鬘の巻です。
アクセスはこちらから  http://wakabagenji.cocolog-nifty.com/sennenlove/

あなたの応援が更新の励みになります。クリックしてね!↓
◇人気ブログランキング◇へ

|

« ちょっとお休みしておりました | トップページ | 「源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学27」 親の考えに振り回される子どもたち(2) »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

平安時代」カテゴリの記事

源氏物語」カテゴリの記事

源氏物語の失敗学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっとお休みしておりました | トップページ | 「源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学27」 親の考えに振り回される子どもたち(2) »