« 喫茶 ソワレ | トップページ | 三井家奉納 雛道具@八坂神社 »

京都さくら三昧

京都は桜の似合う街だ。同じソメイヨシノでも、大阪の桜に比べると、京都のそれはなぜか妖艶だ。たとえていえば、ジーンズ姿の女の子と、和服の美女ぐらいの違いを感じる。

源氏物語では桜は重要な出会いのシーンを美しく演出する。例えば朧月夜と光源氏の出会い。桜の花の宴の夜、二人は弘徽殿の細殿で出会った。あるいは、柏木が女三の宮をはじめて見たのも、桜の花の季節だ。

ことしは幸いにして、桜の満開の日に京都を巡ることができた。そこで、京都の桜を少しだけご案内したいと思う。


Sakura1

京都のお花見の定番といえば、円山公園。この日はお花見の人であふれかえっていた。


Sakura2

円山公園のしだれ桜。有名な方ではなく、やや小さいしだれだけど、今が盛りの美しさ。


Sakura3

知恩院の山門に桜が映える。


Sakura4

青蓮院のとなり、あおくす公園のしだれ桜。人が少なく、ちょっとした穴場。向こうには東山連峰も。


Sakura5

高瀬川 一の船入そばのソメイヨシノ。川面に散る花びらが風情豊か。

Sakura6

こちらも高瀬川にかかるソメイヨシノ。満開の桜を見ているとなぜか胸苦しくなってくる。


Sakura7
元立誠小学校校庭に咲くしだれ桜。うす紅色があざやか。


Sakura8

立誠小学校は森光子が卒業した古い学校。きょうはさくらまつり。


Sakura9

さくらまつりを宣伝する若いちんどんやさんにも花びらが散りかかる。

Sakura10

夕暮れを迎えて、花びらの色が少し冷たそうに見えた。

|

« 喫茶 ソワレ | トップページ | 三井家奉納 雛道具@八坂神社 »

京都」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

源氏物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 喫茶 ソワレ | トップページ | 三井家奉納 雛道具@八坂神社 »