« 【期間限定】コメント欄オープンします | トップページ | 京都人形三昧 番外編 愛でたきもの 雛とミニチュアのお道具展 −ミニチュアで織りなす『源氏物語』の世界− »

京都人形三昧その3 京都国立博物館&京都文化博物館

写真は京都文化博物館Kyoubun

ひな人形やそのお道具というものは、なぜか私の心を惹きつける。桃の節句を祝う必要がなくなっても、やっぱりひな飾りには目を奪われる。おそらく、現実にはあり得ないサイズの道具が、非現実の世界へ誘うからだろう。京都国立博物館で行われた特集陳列「雛まつりとお人形」、京都文化博物館のコレクション展「池大雅と雛人形」は、おひな様や人形の数々に現実を忘れるひとときだった。

京都文化博物館はおひな様を年代順に近世まで展示。おひな様の作りや顔、飾り方の変遷がよくわかる展示だった。京都国立博物館も同様だが、さらに嵯峨人形や御所人形、衣装人形など幅広く展示されていた。また、人形の背景に使っている屏風や襖絵が重文だったりするのは、さすが国立の博物館。人形に気を取られているとうっかり見落としてしまいそうだが、そんなところにも目をひかれる展示だった。

おひな様の原形は3月の上巳の節句にからだをなでて穢れやわざわいを移し、川などに流す「形代」。これは古墳時代から作られており、木や草で作られたものだった。それが幼子の健やかな成長を祈る天児(あまがつ)や這子(ほうこ)となり、さらに二つ一組になって、立ち雛や紙雛が生まれた。ようやくここに来て男女一対だ。形代を原形とした立ち雛はその後もあまり形を変えずに現代に受け継がれている。

一方、いまよく見かけるお内裏様とおひな様の座り雛は、立ち雛とは系統が異なる。こちらは寛永年間(17世紀前半)ごろから作られるようになったようだ。寛永雛と呼ばれるおひな様はまだ頭髪も塗でポーズも何となくぎこちない。元禄年間に作られるようになった元禄雛は女雛に手先が付き、装束も十二単風で豪華になってくる。

享保年間(1716〜1735)に流行したのが享保雛。高さ50センチぐらいの大ぶりなおひな様は髪が植えられ、男雛は冠をかぶり、衣冠束帯を身につけて太刀を差し、笏を手に持つ。女雛は豪華な冠にボリュームのある十二単を付けている。顔も写実的で、瓜実顔の美男美女に作られている。目が笑っているようで、じっと見つめていると笑い声まで聞こえそうで、実のところちょっぴり怖い。

次に流行したのが次郎左衛門雛。これはまん丸な顔に引目かぎ鼻で可愛らしい。京都の人形師の雛屋次郎左衛門が作り始めたとされることからこう呼ばれる。一方江戸では18世紀後半に古今雛が作られた。こちらは瓜実顔で、いまの雛人形もこの系統を受け継いでいる。また、公家社会では有職の作法に従って忠実に再現された有職雛が作られた。装束によって束帯雛や直衣雛、狩衣雛などが作られた。

京都国立博物館ではこうした歴代の雛に加え、明治時代に造られた軍装の雛飾りも展示。これは軍服姿の明治天皇をモデルにしたと思われる雛人形で、一番手前には馬車に乗った親王の姿も見られる珍しいもの。随身なども洋装で、当時の式典の様子をよく伝えている。

内裏雛の左右やお道具が東西で異なるのは宝鏡寺の項でお伝えしたが、そのほか、関西では「御殿飾り」という飾り方がある。関東では5段、7段などの豪華な段飾りが主流だが、関西では内裏雛の住まいである御殿を最上段に置き、奥に内裏雛、その前に官女などを置く。お道具は関東ほど豪華ではなく、おくどさんや水屋などが飾られるのは既述の通りである。現在はほとんど飾られることはない。今回、京都文化博物館では、大正時代の豪華な御殿雛飾りが展示されていた。そのほか、源氏枠という飾り方もある。こちらは屋根のない御殿飾りのようなもので、源氏物語絵巻の構図のように上からも雛を眺めることができるため、こう呼ばれる。

なお、期間は京都国立博物館が3月30日、京都文化博物館が4月13日まで。おひな様の時期なんて過ぎてしまったと思わないで。4月8日は旧暦の桃の節句。ことしはもう一度、ひな祭りを楽しんではいかがだろう。


Kyouhaku

こちらは京都国立博物館の旧館とロダンの「考える人」

■京都国立博物館
■京都文化博物館

|

« 【期間限定】コメント欄オープンします | トップページ | 京都人形三昧 番外編 愛でたきもの 雛とミニチュアのお道具展 −ミニチュアで織りなす『源氏物語』の世界− »

京都」カテゴリの記事

平安時代」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【期間限定】コメント欄オープンします | トップページ | 京都人形三昧 番外編 愛でたきもの 雛とミニチュアのお道具展 −ミニチュアで織りなす『源氏物語』の世界− »