« 源氏物語千年紀委員会 毎週プレゼントが! | トップページ | 嵯峨豆腐 森嘉 »

嵐電 「紫のゆかりちゃん号」

何しろ千年に一度のことである。普段人に乗られている電車だって、たまにはイベントに乗っかりたいのだ。

京福電気鉄道嵐山線、通称「嵐電」は京都の住宅の間をゴトゴトと抜けていくローカル線だ。四条大宮〜嵐山間を約22分で結ぶ。1両編成(ラッシュ時はさすがに2両だったりする)の可愛らしい列車は商店街の脇を走り、蚕ノ社や太秦の広隆寺のそばを通って嵐山駅に着く。ちょっぴり時代に乗り遅れたような列車が何となく愛しくて、私はこの路線が好きだ。

この嵐電に今年1月から登場したのが「紫のゆかりちゃん号」。源氏物語千年紀にちなんだラッピング列車。車両には源氏物語各巻の屏風絵が描かれている。これは嵐電が出している「源氏物語千年紀 プレミアム乗車券」と同じ絵柄。

Yukarichan


乗車券にはなっていない「賢木」や「葵」「花散里」「蛍」なども描かれ、目を楽しませてくれる。乗車券で見るより大きい分、はるかに見応えがあって美しい。特に月と松をバックに光源氏と明石の君が寄り添う「明石」は波の音が聞こえてくるようで、印象的だ。

Akashi

車内も中吊りや広告スペースはすべて源氏物語屏風絵が掲出され、まさに源氏物語一色。ていねいなことに、つり革も紫で「源氏物語千年紀」のロゴが。源氏物語ファンとしてはかなりうれしい列車だ。22分間、源氏物語の世界に思いをはせながら、小さな旅が楽しめた。

Yukarichanshanai
なお、運行時刻はご確認を。
京福電気鉄道

|

« 源氏物語千年紀委員会 毎週プレゼントが! | トップページ | 嵯峨豆腐 森嘉 »

京都」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

源氏物語」カテゴリの記事

源氏物語千年紀特別企画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 源氏物語千年紀委員会 毎週プレゼントが! | トップページ | 嵯峨豆腐 森嘉 »