« 丹波栗菓匠 大福堂の栗餅と黒豆大福 | トップページ | 源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学18 明石入道は失敗したのか?(1) »

朱雀院の復讐

「mainichi_genji.webarchive」をダウンロード

この記事を読んで目からコンタクトレンズ、じゃなかったウロコがバッサバッサと落ちた。今までそんなこと考えたことがなかった。

女三の宮の降嫁が光源氏にことごとく思い人を奪われてきた朱雀院の復讐だったなんて。

そうなのだ。朱雀院は、いつもいつも、光源氏のせいで割を食ってきたのだ。

父、桐壺帝の愛情は、いつも朱雀院よりも光源氏にあった。母の身分のおかげでかろうじて春宮には立ったけれども、桐壺帝の心は光源氏に傾いていたのは明らかだ。

本当ならば、朱雀院のお妃になるはずだった葵の上は父左大臣と桐壺帝の合意の元、光源氏の妻になった。

もうじき、入内するはずだった朧月夜は、花の宴の夜、光源氏に犯されて傷ものになったため、正式なお妃ではなく、女官として宮中に入った。しかも、朱雀院の寵愛を受けながら、その間も光源氏と密会していたのだ。ある時は、朱雀院が物忌みで慎んでいる宮中で、ある時は朧月夜の里邸である右大臣の邸で。それを知った朱雀院の心中はどのようなものだったろう。

さらに光源氏は朱雀院の思い人を奪っていく。
14歳の時、伊勢の斎宮に立った六条御息所の娘。帝は斎宮が出立するとき「別れの小櫛」というものをさすことになっている。朱雀院はそのときの斎宮の美しさを、ずっと忘れなかった。自分が退位し、斎宮が京へ戻ってきたとき、朱雀院はきっと心ときめかせたに違いないのだ。なのに光源氏は、その心を知りながら斎宮を自分と藤壺中宮の息子、冷泉帝に入内させてしまう。

光源氏と朱雀院の間にはそんな軋轢があった。いつもいつも煮え湯を飲まされるのは朱雀院だったのだ。その彼が、光源氏に復讐しようと考えても、別段おかしくはない。だからこそ、愛娘を不自然に年の離れた光源氏に降嫁させたのだ。紫の上のいる光源氏に降嫁させるのであれば、雲居雁のいる夕霧に与えるのも代わりはないはずだ。柏木だって、いまはまだ官位が低いかも知れないが、その家柄からすれば、位人臣を極めることも難しくないだろう。なのに、官位が低いと婿候補から除外した。あれこれ理由を付けて、一番不自然な相手に降嫁させたのは朱雀帝なのだ。

女三の宮は一見光源氏から愛されない、不幸な妻のように描かれているが、その実、彼女を迎え入れた光源氏側の方が不幸度は高い。最愛の紫の上は夜な夜な煩悶し、やがて女楽の直後、病気になってしまう。光源氏は柏木と女三の宮の密通を知り、苦悩する。女三の宮という水滴は、光源氏の六条院に大きな波紋を投げかけ、不幸を誘った。それが柏木とその両親にまで及んだのは計算外だったかも知れないが、これが朱雀院の復讐だとすれば、見事に成功したといえるだろう。

|

« 丹波栗菓匠 大福堂の栗餅と黒豆大福 | トップページ | 源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学18 明石入道は失敗したのか?(1) »

古典文学」カテゴリの記事

平安時代」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

源氏物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 丹波栗菓匠 大福堂の栗餅と黒豆大福 | トップページ | 源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学18 明石入道は失敗したのか?(1) »