« 源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学16 王朝貴族の恋愛術 成功と失敗(1) | トップページ | 水飯ダイエット »

源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学16 王朝貴族の恋愛術 成功と失敗(2)

(前回からの続き)

◆それをいっちゃあお終いよ

だけど、王朝貴族だって恋の失敗ぐらいあります。今度は目を転じて、光源氏の息子、夕霧の場合。この人は光源氏と亡き葵の上との間に産まれた長男。申し分のない身分に生まれた人ですが、意外と教育パパな光源氏の方針で、低い位から宮仕えし、様々な学者について勉強もした人です。幼なじみのお嬢さんと結婚し、光源氏とは似ても似つかぬまじめな息子に育ったのですが、中年になって死んだ親友の未亡人に恋をします。

でも、未亡人(落ち葉の宮といいます)は、死んだ夫の親友に口説かれるのが情けなくて夕霧を拒み、部屋の中に引きこもってしまいます。そんな彼女に夕霧がかけたことばは「まんざら世間を知らないわけでもあるまいし」。これって「処女じゃあるまいし」といったような意味。

こんなことばをいわれたら、なびこうかと思ってた女性だって頑なになります。現代女性なら、「セクハラよ!」とほっぺたの一つでもひっぱたかれそうないい方です。しかも、追い打ちをかけるように、部屋に閉じこもった未亡人に「その気になったら、出てらっしゃい」とまでいいます。これは女性が自分から「身を許す」というようなもの。女心を考えないことばの連発で夕霧はすっかり評価を落としてしまいました。

結局、夕霧は粘り勝ちでこの未亡人を落としますが、その口説き方は父・光源氏に比べてどうもスマートではありません。というか、はっきり言って、嫌われるようなことばかり言っています。このことばの「どこがいけないの?」と思ったあなたは要注意。女心をもう一度研究しなおしましょう。というわけで、王朝貴族の恋愛術、もしかしたらほかにも参考になる部分があるかも知れません。(この項終わり)

※本稿は関西インターネットプレス(KIP)より転載いたしました。

|

« 源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学16 王朝貴族の恋愛術 成功と失敗(1) | トップページ | 水飯ダイエット »

古典文学」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

平安時代」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

源氏物語」カテゴリの記事

源氏物語の失敗学」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学16 王朝貴族の恋愛術 成功と失敗(1) | トップページ | 水飯ダイエット »