« 源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学14 あったのか、なかったのか、やっぱり気になる(1) | トップページ | おや、八坂さん »

源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学14 あったのか、なかったのか、やっぱり気になる(2)

(昨日からの続き)
◆父の未亡人をひたすら口説く 

もうひとり、しばらく出てこないのが藤壺。桐壺帝が退位して普通の夫婦のように一緒に暮らしていましたが、その桐壺院が亡くなってしまいました。院に居続ける理由のなくなった藤壺は三条の里邸で暮らすことになりました。光源氏にすればもう、ふたりの逢瀬を妨げるものがなくなったということです。このチャンスを逃す光源氏ではありません。

ある日、どのように仕組んだのか、光源氏はまんまと藤壺の部屋に忍び込んでしまいました。切々と口説く光源氏。ここで光源氏を受け入れれば、自分の産んだ子どもの立場が危うくなると、光源氏を拒み続ける藤壺。そのうちに、藤壺はたまらなくなって胸さえ痛み始めてきました。周囲の女房はうろたえて、光源氏を塗籠(ぬりごめ 周囲を壁手固めた部屋、寝室や物置に使われる)に隠し、藤壺を介抱します。

ここで注意したいのが「御衣ども隠し持たる人の心地ども、いとむつかし」という一文。光源氏の衣を隠している人も大変困った、ということです。言いかえれば、光源氏はほぼ裸だったということ。つまり、男女のことがあったことが読み取れます。藤壺は心は拒み通しても、からだは受け入れてしまったということですね。受け入れる性である女性の悲しさを感じさせられます。

源氏物語の時代、物事をあからさまにするのは見苦しいこととされていました。それゆえ、紫式部も男女のことはそれほどあからさまに書いたりしていません。でも、行間を読めば、なんとなく読み取ることができます。そんなことばかり考えているのもどうかと思いますが、たまにそういう読み方をすると、源氏物語がもっとおもしろくなるかもしれません。(この項終わり)

※本稿は関西インターネットプレス(KIP)より転載いたしました。

|

« 源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学14 あったのか、なかったのか、やっぱり気になる(1) | トップページ | おや、八坂さん »

古典文学」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

平安時代」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

源氏物語」カテゴリの記事

源氏物語の失敗学」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学14 あったのか、なかったのか、やっぱり気になる(1) | トップページ | おや、八坂さん »