« GOKAN/五感 北浜本館 | トップページ | 源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学12 形式が大切なときだってある(2) »

源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学12 形式が大切なときだってある(1)

さて、前回妻を亡くして傷心の光源氏はその後どうしているのでしょうか。

◆手折られた花の不機嫌

光源氏22歳の秋ももう終わり近く。葵の上の喪に服していた光源氏は3カ月の服喪期間が明け、久しぶりに二条の邸に戻ってきました。ここには紫の上がいます。まだ正式な妻ではないので妻をあらわす「上」という語はつけられないのですが、ここでは便宜上そう呼びます。紫の上はいま14歳。育ち盛りの彼女は3カ月ほど顔を見なかった間に、美しさ、女らしさを増しています。その成長ぶりに光源氏は満足げ。

これほど美しく成長した少女を、ただ眺めて過ごすだけで満足する光源氏ではありません。そろそろ男女の関係になってもいいかも…と考え、紫の上にもそれとなくほのめかしますが、奥手なのか興味も示してくれません。でも、夜は光源氏と同じ床で寝ています。ですから、周囲の人にはいつそういうことがあったかわからないわけです。

ある朝光源氏一人が早く起きてきて、紫の上は布団をひきかぶったまま起きてこないことがありました。布団をめくっても起きようとはせず、不機嫌に押し黙っています。察しのいいみなさまなら、何があったかご理解いただけると思います。妻を亡くしたばかりなのに、なんてやつ、という感じですが、それが光源氏です。長い間紫の上の成長を待ち続け、ようやく思いを遂げた光源氏は実に上機嫌です。それは理解できます。でも、紫の上のこの不機嫌は何?

おそらく、この初体験が合意の上ではなかったということ。それまでも周囲から光源氏のことを夫といわれ、彼を父のように、あるいは兄のように思っていた紫の上。これが夫婦のあり方と、彼女なりに考えていたのかもしれません。それが思いもかけぬ乱暴狼藉。レイプまがいの振る舞いに、14歳の潔癖な少女は大きなショックを受けたことでしょう。その後も光源氏への嫌悪を露わにしながら、彼を拒んでいます。(明日に続く)

※本稿は関西インターネットプレス(KIP)より転載いたしました。

|

« GOKAN/五感 北浜本館 | トップページ | 源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学12 形式が大切なときだってある(2) »

古典文学」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

平安時代」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

源氏物語」カテゴリの記事

源氏物語の失敗学」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GOKAN/五感 北浜本館 | トップページ | 源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学12 形式が大切なときだってある(2) »