« 京つけもの 村上重本店 | トップページ | 英訳でわかる源氏物語の新しさ サイデンステッカー氏死去 »

源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学7 気位の高い妻とうち解けられない夫(2)

(昨日より続き)
◆恐怖の女房ネットワーク

当時、貴族に仕える女房たちは、親戚同士だったり、複数の家に仕えている人がいたり、お互いが複雑につながりあっていました。そこには自然に女房たちのネットワークが形成されます。ネットがうわさも真実も形を変えながら伝えていくように、彼女らの話もあちこちに伝わり、広まっていきました。これに乗るのは主人たちのうわさや、スキャンダル。

どこそこの中納言が、誰かの娘に恋文を送っただの、あの大将がどこかに新しい女を作っただのという話が飛び交います。どこそこの大納言はステキな歌を詠んだけど、誰それの手紙と花のコーディネートは最低だったわね、などと彼女らにかかれば王朝の貴公子たちも形無し。

うわさ話が話題の中心なんてつまらない、なんていわないでくださいね。縁談ひとつが自分の主人の台所事情を変えるこの時代です。もし、自分の仕えているお姫さまの恋人が地方勤務になれば、お姫さまともども自分も地方に行くことになります。つまり、主人の動静が自分の去就をも決めるわけです。女房たちがうわさ話に熱心になるのも当然です。光源氏が紫の上を引き取ったという話も、このネットワークに乗って葵の上の耳に届いたんでしょう。

◆深まる溝、埋まらぬ隙間

閑話休題。
こんなうわさを聞いて、葵の上がおもしろいはずがありません。それでなくても訪れも絶え絶えな年下の夫。ようやく、顔を見せてくれたけど、笑顔で迎えられるわけないですよね。つんと取り澄ました硬い表情で夫に相対します。そんな妻に対し、光源氏は心の中で「もっと素直に恨み言を言ったり、泣いてすがったりすればもっとありのままを話して慰めることもできるのに。そんな風だから浮気するのさ」なんて、虫のいいことを考えています。気位の高い葵の上がそんなことできるわけないでしょうに。

この二人を見ていると、最初のちょっとしたボタンの掛け違いが少しずつ深い溝になっていくんだな、という感じがします。どちらが悪いというのでもなく、お互いにもう一歩ずつ歩み寄っていれば、もう少し近づきあえたはずです。この二人の隙間はいまのところ埋まりそうにありません。外では数々の女性と浮き名を流している光源氏も、妻には苦労しています。きょうは結婚のはじめに失敗しちゃった夫婦のお話をご紹介しました。

※本稿は関西インターネットプレス(KIP)より転載いたしました。

|

« 京つけもの 村上重本店 | トップページ | 英訳でわかる源氏物語の新しさ サイデンステッカー氏死去 »

古典文学」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

平安時代」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

源氏物語」カテゴリの記事

源氏物語の失敗学」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京つけもの 村上重本店 | トップページ | 英訳でわかる源氏物語の新しさ サイデンステッカー氏死去 »