« 源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学5 末摘花の巻 やっぱり、うわさを信じちゃいけないよ(2) | トップページ | 源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学6 光源氏、ロリコン疑惑浮上(2) »

源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学6 光源氏、ロリコン疑惑浮上(1)

◆あの人に似ている…

光源氏18歳の春。前回登場した末摘花にメール、じゃなかった、恋文でアプローチしていたころ、光源氏は瘧病(わらわやみ)という病気にかかります。マラリアみたいに熱が出たりひいたりする病気ですが、この治療のために、光源氏は北山に加持を受けに行きました。北山というのはいまの金閣寺か鷹峯あたりだと考えられています。満開の桜、春霞の山々、舞台装置は実に美しくのどかです。

そこで光源氏は近くの僧房に女性が身を寄せていることを知り、のぞき見に行きます(オイ!)。当時、女性の姿って、滅多に見られるものではなかったので、男たちはこうしてのぞき見(垣間見といいます)で、女性の姿を知っていたわけです。だから、別段これは犯罪ではないので、お見逃しください。

そこに登場したのは「雀の子が逃げたの」と泣きながら祖母の尼君の元に走り寄る10歳ぐらいの少女。「走る」という、当時の女性としては異例の登場で、彼女は読者に強い印象を残します。そして光源氏にも。

少女の姿を見たととたん、光源氏は彼女から目が離せなくなりました。「あの人に似ている」。光源氏が少年のころから思い続けてきた人、父の妻・藤壺の女御にそっくりなのです。将来どんなに美人になるだろう。あんな姫を引き取って藤壺の代わりにできたら、自分の思うとおり教育して理想の女性に育て上げたら、どんなに楽しいだろう、と思いを巡らす光源氏。(明日へ続く)

※本稿は関西インターネットプレス(KIP)より転載いたしました。

|

« 源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学5 末摘花の巻 やっぱり、うわさを信じちゃいけないよ(2) | トップページ | 源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学6 光源氏、ロリコン疑惑浮上(2) »

古典文学」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

平安時代」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

源氏物語」カテゴリの記事

源氏物語の失敗学」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学5 末摘花の巻 やっぱり、うわさを信じちゃいけないよ(2) | トップページ | 源氏物語に見る 王朝貴族の失敗学6 光源氏、ロリコン疑惑浮上(2) »